甘みをふんだんに含んだ

甘みをふんだんに含んだ、最も蟹らしい蟹といえます。どこでいつ水揚げされたかによってまた味わいが変わってきますので、ブランド蟹を選ぶとよいでしょう。例えば越前ガニ、松葉ガニなどです。ご家庭で活蟹を捌く場合、いくつか注意すべき点があります。最初はお腹が上になるように蟹をまな板の上に置き、蟹のふんどしを外します。これは蟹のお腹にある三角形の部分で、指で押すと柔らかいのがわかります。次いで、包丁の手元の部分を使い、お腹の真ん中に切れ込みを入れます。その後、甲羅から足を取り外します。腹の切れ目を中心に、手で折り曲げるようにして外しましょう。この手順のとき、胴についたひだ状のエラや薄膜を指で外しておくといいでしょう。蟹の醍醐味である蟹みそは、甲羅の内側に入れておくといいです。これで解体は終了です。さらに、脚は包丁や調理ばさみを使って関節で切り離し、食べるときに身を出しやすいように、表面に切れ目を入れておく。これにて蟹の捌き方はおしまいです。どうですか、意外と簡単でしょう。通販でズワイガニを買う方も多いでしょう。訳あり商品を買って損はありません。訳あり商品は、加工用や自宅用だと考えてください。だいたいはサイズが基準外の品か、傷があっても、十分食用になる品ですし、食べてしまえば、味は変わりません。これでセール価格なら、買わなければ損です。限定品で大量購入できないこともあるようですが、訳あり商品をねらっていくのが通の買い物ですよ。
あわせて読むとおすすめなサイト⇒カニ 年末年始